資産一億円への道 diary

資産一億円達成のための道しるべ

リスク分散について

以前、「新聞にある特定の投資テーマについてのセミナー広告や書籍の広告が頻繁に出ていたり、書店でそのテーマに関する書籍が平積みになっていて、目につくようになったら、気をつけよう」とメルマガに書きましたが、ここにきて「個人の不動産投資が危なくなっているようだ」とやっと新聞に出てきました。

日経新聞は2018年10月7日の朝刊一面トップに以下のような記事を載せています。

 「個人による不動産投資ブームに陰りが出てきた。スルガ銀行による不適切融資問題などの影響で投資用不動産向け融資を得るのが難しくなってきたためで、物件価格は2018年に入って下落に転じた。個人の貸家業への融資残高は約23兆円にのぼり、資金の流れが逆回転するような事態に陥れば、思わぬ余波が広がる恐れがある。
(中略)
日銀によると、個人の貸家業向けの新規融資は18年4~6月で5603億円と前年同期比で22%減少。ピークの16年7~9月(1兆889億円)比ではほぼ半減し、ブーム初期の12年4~6月(4719億円)以来の水準に落ち込んでいる。

 不動産投資情報サイト運営の健美家(東京・港)によると、1棟アパートの平均価格は18年7~9月で6613万円と、1~3月(6882万円)をピークに2四半期連続で下落した。」

過去6年で約6割上昇したのがそもそも異常といえば異常。

やはりこういうものは、撤退戦略を予め描いてから参戦するか、少なくとも全財産は投入しない(つまり、リスク分散)など極めて常識的な考え方が求められると思う。

 

 

服に個性は要らないか?

日経新聞毎週土曜日の「平成の30年陶酔のさきに」 が面白い。

少し古くなるが、2018年8月11日付けのコラムは「流通の主役交代」だった。ユニクロのことに触れている。

「平成初の決算となった1989年8月期のユニクロの売上高はわずか41億円。だが、ファーストリテイリング柳井正会長兼社長はこの頃には洋服の概念をがらりと変える構想を固めている。「街中から洋服屋が減っているのは青山商事やAOKIが増えたからではない。消費者のライフスタイルが変わったからだ」。それまで衣料品は「逸品モノ」を買うという発想が強く、アパレルを中心にブランド品はステータスシンボルと位置づけられていた。
 柳井氏は海外の動きからその流れは続かないと予感。衣料品もカジュアル化が進むとの見通しからユニクロを立ち上げた。(中略)
 柳井氏は「服に個性は要らない」とまで言い切る。服が主役ではない。部品を着こなし、個性を発揮する人そのものが主人公になるという意味だ。」(日経新聞より筆者、抜粋)

ユニクロの商品を筆者も2年位前から少しずつ購入している。これといった個性はないが、値段の割に着心地や縫製にもこだわり、コストパフォーマンスは確かに良い。

しかし、就職活動シーズンの大学生の服装を見るにつけ、少なくとも日本で近い将来、その人が身につけているものではなく、その人自身の個性で勝負するような社会が来るとは思われない。

 

やはり、その他大勢から自分を自分を区別してもらうツールとしてはブランドものを身につける、という行為は減ることはあっても無くなることはないと思う。それは大昔からの古今東西、人間の習性のようなものだと思う。

古代エジプト時代の金の装飾品、信長、秀吉の時代では茶器の収集、近世の西洋ではダイヤモンドのティアラ、現代では高級腕時計やイタリア生地を使ったスーツなど、他の人よりも自分が上という事を示すために、ブランドものは常に利用されてきた。

 

ずっと前に読んだ
「豊かさの精神病理」(大平健著)にブランドにお金を注ぎ込むことで「自分はいかに他の人とは違うか」をアピールしている若い女性の話が出ていたのを思い出した。

プラダを着た悪魔 でも

"Fashion is not about utility. Accessories is a piece of iconography to use to express individual identity

ファッションは利便性じゃない。アクセサリーは、アイデンティティの象徴だよ。"

という妙に納得したセリフが記憶に残っている。

 

 

f:id:ichiokuFP:20180930184857p:plain

 

 

 

2018年8月31日(金)、9月1日(土)の 日経IR・投資フェア出展企業一覧データ

2018年8月31日(金)、9月1日(土)の
日経IR・投資フェア出展企業一覧データ

データは2018年8月22日終値ベース

※備考欄が空欄なのは、1Q経過時点での進捗率または、業績予想が出されていない銘柄

    四季報コメント 時価総額(億) PER PBR 自己資本比率(%) ROE(%) 進捗率(%) 業績修正 備考
6073 アサンテ 最高益 277 17.4 2.32 76.7 13.34 36.2    
3426 アトムリビンテック 好転 49 13 0.56 74.2 4.29 NA    
9787 イオンディライト 連続増配 2,053 18.1 2.02 66.4 11.15 25.2    
6237 イワキ 続伸 289 14.3 1.57 62.8 10.97 26.5    
3198 SFPHLD 開業費増 476 20.6 3.29 80 16.24 21.1    
8725 MS&ADインシュランス 上向く 20,350 10.2 0.69 13.1 6.27 42.5    
8060 キヤノンマーケティング 最高益 3,469 14.7 0.99 58.1 6.71 36.7 下方修正 2Q経過時点
6326 クボタ 安定成長 20,411 14.1 1.56 45.6 11.38 50.1 下方修正 2Q経過時点
9850 グルメ杵屋 続伸 271 61.1 1.84 45.9 3.01 9.8    
7242 KYB 最高益 1,169 7.2 0.64 43.7 8.82 21.7    
3386 コスモ・バイオ 負担増 71 46.5 1.07 78.5 2.3 116.3   2Q経過時点
7438 コンドーテック 連続最高益 274 10.2 1.08 62.8 10.53 24.2    
9889 JBCC HLD 連続増配 215 15.6 1.33 48 8.5 34.3    
7979 松風 利益拡大 206 18.4 0.85 76.7 4.64 25.5    
7476 アズワン 連続最高益 1,641 28.4 2.86 66.7 10.9 23.8    
3836 アバント 上向く 247 22.9 5.15 54.4 22.5 NA   6月決算
9619 イチネンHLD 着実増 332 8.3 1.06 25.4 12.7 25    
3969 エイトレッド 連続増配 91 38.2 6.32 71.8 16.55 16.1    
7212 エフテック 最高益 236 5.9 0.59 26.7 9.93 24    
6914 オプテックスグループ 最高益 820 20.9 2.52 70.1 12.4 47.6   2Q経過時点
9678 カナモト 連続最高益 1,191 10.7 1.27 37.9 11.9 64   2Q経過時点
2335 キューブシステム 続伸 140 20 2.56 68.1 12.78 13.1    
3387 クリエイト・レストランツ 増配 1,268 31.6 6.45 28 20.42 22.4    
9006 京浜急行 独自増額 5,165 23.4 2 28.8 8.52 25.7    
2579 コカコーラボトラー 最高益 6,348 NA 1.01 70.9 4.03 NA   業績予想非開示
4923 コタ 反落 249 26.2 3.27 76.3 12.5 3.9    
1961 三機工業 続伸 745 12.9 0.84 48.2 6.48 1.2    
3360 シップヘルスケア 足踏み 2,072 19.6 2.12 35 10.92 16.8    
6824 新コスモス電機 増配 209 12.7 0.73 72.1 5.7 20.8    
6339 新東工業 反発 528 9.9 0.55 58.5 5.51 17.2    
7816 スノーピーク 浮上 226 94.5 5.41 42.1 5.73 82.6 上方修正 2Q経過時点
6993 大黒屋HLD 迫力不足 55 221.8 1.22 28.3 0.55 -7.6    
9982 タキヒョー 浮上 212 41.2 0.58 67.9 1.41 59    
7989 立川ブラインド 上振れ余地 223 8.9 0.61 65.5 6.77 47.2   2Q経過時点
3401 帝人 横ばい 4,266 8.9 1.04 39.8 11.76 29.4    
4980 デクセリアルズ 復調続く 696 15.7 1.35 52.6 8.58 9.9    
4816 東映アニメーション 反落 1,567 18 2.54 76.3 14.15 41.2 上方修正  
3447 信和 営業益堅調 152 10.2 1.31 56.8 12.86 18.2    
4775 総合メディカル 反落 692 19.8 1.87 40.4 9.4 14.9    
7921 宝印刷 小幅増益 238 17.2 1.45 71.8 8.42 NA   5月決算
4665 ダスキン 記念配 1,452 26 0.92 75.2 3.55 31.3    
9644 タナベ経営 連続増配 161 23.4 1.56 81.4 6.66 17.5    
3848 データ・アプリケーション 好伸 70 11 1.89 79.4 17.08 17.2    
6697 テックポイント   JDR              
9005 東京急行電鉄 反落 11,079 21.1 1.52 30.8 7.18 27.9    
9729 トーカイ 小反落 880 17.1 1.42 66.5 8.28 21.9    
5956 トーソー 続落 57 11.4 0.46 55.9 4.05 -9.9    
7545 西松屋チェーン 復調 807 13 1.17 60.4 9.01 38.9   2月決算
6651 日東工業 値上げ 774 17.3 0.89 79.6 5.11 8.5    
9432 NTT 高水準 104,862 11.1 1.07 43.8 9.64 32.2    
7279 ハイレックスCorp 足踏み 996 11.4 0.61 64.1 5.38 52.4   2Q経過時点
3003 ヒューリック 連続最高益 6,704 14.3 1.7 27.7 11.89 50.2   2Q経過時点
3454 ファーストブラザーズ 急反発 182 6.3 1.34 29.7 21.34 64   2Q経過時点
9757 船井総研HLD 小幅増益 1,228 35 5.29 83.3 15.09 51.8   2Q経過時点
7893 プロネクサス 増勢 361 16.6 1.43 73.7 8.62 95.4    
8803 平和不動産 減益続く 739 13.8 0.69 34.6 5.03 37    
9962 ミスミグループ本社 続伸 8,018 28.1 4.25 76 15.11 23.2    
4971 メック 独自増額 374 20.4 2.39 75.8 11.7 43.4   2Q経過時点
6250 やまびこ 連続最高益 546 10.7 0.96 51.2 9 60.6 下方修正 2Q経過時点
2362 夢真HLD 独自増額 820 28.3 6.87 58.7 24.3 80.9   3Q経過時点
3199 綿半HLD 最高益 256 16.7 1.9 23.9 11.42 18.4    
3433 トーカロ 続伸 754 12.3 2.08 64.8 16.9 30.4 上方修正  
7732 トプコン 続伸 1,879 26.3 2.8 40.5 10.66 12.3    
9902 日伝 高原 628 14.2 0.85 70.9 6.03 26.9    
6998 日本タングステン 反落 59 9.7 0.57 58.5 5.9 45.7    
1954 日本工営 連続最高益 446 10.6 0.75 51 7.02 NA    
6965 浜松ホトニクス 連続最高益 7,087 34.8 3.56 78.1 10.27 81.8 上方修正 3Q経過時点
6245 ヒラノテクシード 回復 351 12.3 1.36 66.4 11.07 24    
3687 フィックスターズ 上振れ 493 67.6 18.44 80.6 27.26 75.1 上方修正 3Q経過時点
4998 フマキラー 順調 280 14.9 1.65 37.7 11.01 20    
3091 ブロンコビリー 増額 501 25 3.12 84 12.44 48.4    
6364 北越工業 増益転換 332 9.9 1.32 61.9 13.24 26.1    
3299 ムゲンエステー 後半重点 175 7.3 0.87 32.5 11.88 58 下方修正 2Q経過時点
6240 ヤマシンフィルタ 独自増額 700 43.7 4.05 81.9 9.27 22.4    
8074 ユアサ商事 着実増 861 9 1.16 30.3 12.95 14.5    
8308 りそなHLD 連続増配 14,512 7.2 0.69 4.2 9.49 NA    

2018年8月31日(金)、9月1日(土)の 日経IR・投資フェア会場でチェックしておいた方が良いと思われる銘柄一覧

データは2018年8月22日終値ベース

※備考欄が空欄なのは、1Q経過時点での進捗率

 

    四季報コメント 時価総額(億) PER PBR 自己資本比率(%) ROE(%) 進捗率(%) 業績修正 備考
3969 エイトレッド 連続増配 91 38.2 6.32 71.8 16.55 16.1    
7476 アズワン 連続最高益 1,641 28.4 2.86 66.7 10.9 23.8    
6965 浜松ホトニクス 連続最高益 7,087 34.8 3.56 78.1 10.27 81.8 上方修正 3Q経過時点
4980 デクセリアルズ 復調続く 696 15.7 1.35 52.6 8.58 9.9    
6240 ヤマシンフィルタ 独自増額 700 43.7 4.05 81.9 9.27 22.4    
2362 夢真ホールディングス 独自増額 820 28.3 6.87 58.7 24.3 80.9   3Q経過時点
3433 トーカロ 続伸 754 12.3 2.08 64.8 16.9 30.4 上方修正  
7732 トプコン 続伸 1,879 26.3 2.8 40.5 10.66 12.3    
3091 ブロンコビリー 増額 501 25 3.12 84 12.44 48.4    
3848 データ・アプリケーション 好伸 70 11 1.89 79.4 17.08 17.2    
6073 アサンテ 最高益 277 17.4 2.32 76.7 13.34 36.2    
3454 ファーストブラザーズ 急反発 182 6.3 1.34 29.7 21.34 64   2Q経過時点
6245 ヒラノテクシード 回復 351 12.3 1.36 66.4 11.07 24    
3687 フィックスターズ 上振れ 493 67.6 18.44 80.6 27.26 75.1 上方修正 3Q経過時点

こちらは

こちらは、2018.5.16発行の 

「資産1億円への道(Vol.108)  ファンダメンタル分析(2)」
の補足になります。

数値などは発行日時点のものです。

http://www.mag2.com/m/0001674284.html

 

会社四季報ゼンショーホールディングス情報

f:id:ichiokuFP:20180516144353j:plain

 

 

 

ゼンショーホールディングス(7550)の予想PERと株価の関係

 

f:id:ichiokuFP:20180515190933j:plain

 

PERが28倍くらいまで下がった所が絶好の買い場だということが分かります。

薄くシェードのかかったチャートは株価
赤茶色の線は予想PERの推移

 

 

ゼンショーホールディングス週足 2年のチャート

f:id:ichiokuFP:20180516143930j:plain

(Monex画面より筆者作成)

 

家計の収入アップを指南するFPがもっと必要

収入アップを指南するFPがもっと出てきてほしい


筆者はFPの端くれだが、FP仲間の書籍とか雑誌コラムを読むのはあまり好きではない。

理由はいろいろあるが、最大の理由は、「家計のコスト削減を押し付けるFP」や、「どうすれば得か、を話題にするFP」が多いからだ。

 曰く、「家計のムダを減らしましょう」 「その保険、本当に必要ですか?」
「税金が安くなる」「年金、いつから貰えば得か?」等々。

 こういうタイトルを見ると、なんか、小さくまとまっていて、夢も希望も何もないじゃないか! という気になってしまう。

 企業でもコスト削減は大事だが、コスト削減というものには、おのずと限界というものがある。

 トップラインと呼ばれる「売上増大」がないと、企業は発展しない。

 家計も同じで、無駄の削減ばかり押し付けられ続けると息が詰まってしまう。

 家計の収入を増やす方法を指南するFPがもっと出てこないと、世の中は明るくならない。

 

ドルコスト平均法の効果が望めそうもない例(クックパッド)

f:id:ichiokuFP:20170408215645j:plain

 

 

こちらは、2017.11.13発行の 

「資産1億円への道(Vol.95)  最強の投資法: コストゼロの株を持て」
の補足になります。

http://www.mag2.com/m/0001674284.html

 

ドルコスト平均法に向かないものは、株価が長期下落トレンドにあり、依然として反転の兆候がみえないものです。

例えば、クックパッド(2193)です。

同社は料理レシピ専門サイト最大手ですが、創業者と2代目社長の経営方針を巡る内紛が明るみの出たのが、2016年1月。

株価はその前の月に2,808円の最高値を付けて月足ベースでみると一貫して下落しています。

2015年12月からドルコスト平均法で積立をしたシミュレーションでは、ほぼ2年経過した今(2017年11月)でも、コストゼロの株は1株も出来ていません。

 

クックパッド(2193) 月足チャート(5ヶ月、25ヶ月、75ヶ月移動平均)
2015年12月から2017年11月まで

f:id:ichiokuFP:20171112175123p:plain

 

 

 株式購入の予算は毎月3万円以下。

購入月 経過月数 株価 購入株数 累計株数 累計投下額 時価総額
2015年12月 0 2,680 11 11 29,480 29,480
2016年1月 1 2,598 11 22 58,058 57,156
2016年2月 2 1,587 18 40 86,624 63,480
2016年3月 3 2,138 14 54 116,556 115,452
2016年4月 4 1,798 16 70 145,324 125,860
2016年5月 5 1,520 19 89 174,204 135,280
2016年6月 6 1,470 20 109 203,604 160,230
2016年7月 7 1,240 24 133 233,364 164,920
2016年8月 8 1,446 20 153 262,284 221,238
2016年9月 9 1,021 29 182 291,893 185,822
2016年10月 10 966 31 213 321,839 205,758
2016年11月 11 996 30 243 351,719 242,028
2016年12月 12 1,034 29 272 381,705 281,248
2017年1月 13 1,085 27 299 411,000 324,415
2017年2月 14 1,005 29 328 440,145 329,640
2017年3月 15 966 31 359 470,091 346,794
2017年4月 16 946 31 390 499,417 368,940
2017年5月 17 888 33 423 528,721 375,624
2017年6月 18 878 34 457 558,573 401,246
2017年7月 19 917 32 489 587,917 448,413
2017年8月 20 942 31 520 617,119 489,840
2017年9月 21 771 38 558 646,417 430,218
2017年10月 22 780 38 596 676,057 464,880
2017年11月 23 760 39 635 705,697 482,600

 累計投下額:  今まで取得した株の累計コスト

時価総額: (その月の株価) × 累計株数  

累計投下額 > 時価総額の間はコストゼロの株は作れない